負ける部分で勝負はしない。26年ぶりのアメフト練習に参加して思ったこと

まいどです!
日曜日に参加したアメフトの練習で、腰がいまだに筋肉痛です。
立ち上がるたびに、腰に痛みが・・・(苦笑)
ども!年を考えずガツガツ当たって腰をイワシた、伝票アドバイザーの福井です。

アメフトを再開したワケ

福井の身長は低く、痩せていることをリアルでお会いしたことは、ご存知かと思います。
こんな体ですが、学生時代アメリカンフットボールをしてましたー
体を痛めて3年の夏に退部してから、長らくアメフトから遠ざかることに。

ある方から誘われたのがキッカケで、去年の春からタッチフットボールチームS☆Fightersに参加してます。
タッチフットボールはアメフトと違って、防具はつけずタックルなど人と接触しないので、誰でも気軽に出来るスポーツ。
久しぶりのボールの感触、アメフト専用グラウンド、ワイワイとした楽しい雰囲気。
S☆Fightersは、本当に居心地がイイんです!

S☆Fightersハドル
S☆Fightersで楽しく参加しているなか、チームの木村さんから
『アメフトを始めませんか?』
というお誘いが。

ケガが理由でアメフトを止めたので、再開するつもりはなかったのですが、徐々に
「今しなければ後悔するかも」
と思い、おもいきって始めることに。
という訳で、日曜日にアメフトチームBlack Knightsさんの練習に参加しました。

26年ぶりに防具をつけてコンタクト

ヘルメットやショルダーなどの防具を久しぶりにつけたので、色んな思いが混じります。
ウレシさだったり、ケガへの怖さだったり。
ジョギングなどのアップで始まり、徐々に本格的な練習に。
ついに来たな~と思ったのが、ボールを持っている人の走路を確保(ブロッキング)する練習。
図にすると、こんな感じです。

IMG_4032

図にするとカンタンに見えます(笑)

Rがボールを持っています。
Dはディフェンスなので、ボールを持っているRを止めようとします。
それを阻止するのが、Bの役割。
BはDの動きを止めて、Rが走り抜けたらBは役割を果たしたことになりますし、Rを止められたら役割を果たせなかったことになります。

この練習は、ディフェンス1人に対してオフェンス2人。
オフェンス有利ですが、福井が入ったのはBのポジション。
Dに入っている人は、福井より大きな人ばかり。
どうやって、Dを止めよう・・・

体力勝負では勝てないから

Dに入っている人は、見るからに福井との体重差が20~30kgぐらいは、ありそう。
これぐらい体重差があると、普通に当たると弾かれます。
極端な話、舞の海vs小錦みたいなもんです(笑)
かと言って、当たりに行かなければ体重差で押し切られて、Rを止められてしまいます。

こんな時は、先手必勝。
Dに低く当たって、相手の動きを少しでも止める!
早く当たって、DとRの距離をなるべく広くする!
そのあとは、少しでもDに密着して邪魔をする!
Rが走り抜ける時間はホトンド作れませんが、これが福井に出来る精一杯。

正直、自分より大きい人にスピードをつけて当たるのはコワいっす(笑)
それに痛いですしね~
でも、これをしないとRを守れません。

体重や腕力で勝てないことは、仕方がナイこと。
ただ、相手より機動力が高いことが多いです。
身長が低くても、低い位置で相手に当たれることも多いです。
勝てるところを少しでも使って、負ける部分をカバーするしかありません。
結果的には、ソコソコRを守れたかな?と思ってます。

Black Knightsを率いる方は、星山さん。
星山さんはDに入っていて、何度か走路確保の練習で当たりました。
練習後、星山さんとFacebookでつながったので、投稿を見てると、

ベンチプレス140kgクリアーしました。
年内150kgクリアーも見えてきたかな?
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
片手で福井が持ち上がりますやん・・・
これからは・・・
Bに入るのは止めようと思います!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました~


The following two tabs change content below.
福井務

福井務

大阪市内と兵庫県姫路市で、納品書や請求書など、お客様のご要望どおりに作成するオリジナル伝票印刷の会社を経営する2代目社長。「伝票印刷王」というWebサイトを運営してます。高校生の時から髪が抜け始め、「抜け始めて分かる、髪は長ーーーいトモダチ」を実感中。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です