あの世界もコモディティ化の波がきました

まいどです!
昨日の午前中は大雨だった大阪。
一気に涼しくなって寝やすくなりましたね~
ども!熟睡できたので元気な伝票アドバイザー福井です。

つながりの経済

エクスペリエンス・マーケティング(略してエクスマ)を主催される藤村先生の講演が、大阪産業創造館で行われたので行ってきました。
(エクスマって何?という方はコチラのブログで)

テーマは『つながりの経済』

本題に入る前に仰っておられたのが『コモディティ化』
ウィキペディアによると

コモディティ(英:commodity)化は、市場に流通している商品がメーカーごとの個性を失い、消費者にとってはどこのメーカーの品を購入しても大差のない状態のことである。

藤村先生が、例として出されたのは4Kテレビ。
3台の4Kテレビが、置かれてます。
メーカーは、パナソニック・シャープ・ソニー。
4Kテレビのメーカー名が隠されていたら、どれがパナソニックのテレビか分かりますか?

どのメーカーも良いテレビ。
品質が良すぎて、どのテレビも大差がなくなってしまった。
だから、どのメーカーを選んでも失敗しない。

これは4Kテレビに限らず、色んなジャンルで起こってます。
差が出にくいのに、どうしたらお客さまに選んでもらえるか?
そのためには、つながりが必要だと藤村先生は仰います。

img_4066

福井の説明ではアレなんで(苦笑)、「つながりの経済」を詳しく知りたい方は、藤村先生が出されている『つながりで売る!7つの法則』を読んでみて下さい。

はるちゃんからのメッセージ

福井の友人で、山本さん(通称はるちゃん)という方がいはります。
はるちゃんは藤村先生のサポートをしていて、この日も会場に。
そんな はるちゃんから、こんなメッセージが。

2016090901

「一番後ろにいます」と返信すると

2016090902

福井と似た髪型のヒトは、少ないと思っていたのですが・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・

ハゲの世界もコモディティ化っす!

お伝えしたいことは以上です。


The following two tabs change content below.
福井務

福井務

大阪市内と兵庫県姫路市で、納品書や請求書など、お客様のご要望どおりに作成するオリジナル伝票印刷の会社を経営する2代目社長。「伝票印刷王」というWebサイトを運営してます。高校生の時から髪が抜け始め、「抜け始めて分かる、髪は長ーーーいトモダチ」を実感中。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です