切取りミシンは本当に必要ですか?

まいどです!
深夜1時前に帰宅すると、ヨメさんが起きてました。
「今日中に相談したいことがある」と言い始めたので、ドキドキしてると・・・
ポケモンGoのコトでしたーーー!
今じゃないとアカンのーーー!
寿命縮まるわーーー!
ども!夫婦でポケモンGoにハマッテル、伝票アドバイザーの福井です。

先日、伝票を拝見する機会がありました。
その時に「切取りミシンは、無くてもイイのでは?」と思ったので、ブログに書きます。

切取りミシンは、こんな感じ

切取りミシンは、こんな感じのものです。

img_4240

ミシンが入っていて、ここで切り離せます。
手書きの領収証で使われることが多いですね。

「糊止め製本」と「ホッチキス止め製本」の違い

本題に入る前に、少し製本の説明を。
製本には、「糊止め」と「ホッチキス止め」の2種類あります。

糊止め製本

糊止め製本

名前の通り、背の部分を糊で固めてます。
糊でガチガチに固めている訳ではなく、上の写真のように手で外せます。

もう一つのホッチキス止め製本は、物理的に外れないようにホッチキスで止まってます。
こちらも名前どおりの製本っす(笑)

ホッチキス止め製本

ホッチキス止め製本

糊止めとホッチキス止め製本の違いは、伝票を手で外せるか?外せないか?です。
ホッチキス止め製本で伝票を外すためには、先ほどの切取りミシンが必要になります。

「切取りミシン」+「ホッチキス止め製本」には意味があります

具体的に「領収証」で、説明しますね。
お客さまに渡す領収証と、お店(会社)が持つ領収証(控)の2枚1組になっていることが多いです。

領収証に金額などを書き込んだ後、お客さまに渡す領収証はミシン目で切取って渡します。
お店が控えとして持つ領収証には、切取りミシンが入ってません。
また、ホッチキスで製本されているので、控えの領収証は物理的に切り離せないようになってます。

控えの領収証が切り離せない理由は、失くしてしまうと領収した金額が分からなくなってしまうから。
ホッチキス止め製本で、ミシン目がなければ切り離せないので、控えは製本内に残ります。
これだと余程のコトがないかぎり、控えがなくなることはありません。
でも、お客さまに渡す領収証は切り離せないと困るので、ミシン目が入っているんです。

全てに切取りミシンは必要?

先日拝見した伝票は2枚複写。
ホッチキス止め製本でしたが、2枚とも切取りミシンが入ってました。
その時に思ったのが、『ミシンは無くてもイイのでは?』

全てにミシンを入れてしまうと、製本内にナニも残りません。
だったら、切取りミシン+ホッチキス止め製本ではなく、ミシンを無くして糊止め製本にしても、機能としては同じになります。

例外はあります。
伝票を記入するときの作業性で、全てにミシンを入れた方がイイときもあります。
例えば、屋外で記入しなければならなくて、糊止め製本だと外れて記入に困るので、ホッチキス止め製本にしたいとき。

余程の理由がない限り、「全てに切取りミシン+ホッチキス止め製本」にする理由は無いと思います。

全てに切取りミシンを入れない方がイイ、大きな理由

全てにミシン目を入れないほうがイイ、大きな理由は工程にあります。

ミシンを入れないときは、「印刷」→「製本」
ミシンを入れるときは、「印刷」→「ミシン入れ」→「製本」

「ミシン入れ」の工程がないぶん、安くなります!
日々使う伝票は、安いほうがイイですよねーーー

「全てに切取りミシン+ホッチキス止め製本」の伝票をお使いでしたら、仕入れ業者さんに相談してみてください。
「切取りミシンなし+のり製本」で、安くなるハズです。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


The following two tabs change content below.
福井務

福井務

大阪市内と兵庫県姫路市で、納品書や請求書など、お客様のご要望どおりに作成するオリジナル伝票印刷の会社を経営する2代目社長。「伝票印刷王」というWebサイトを運営してます。高校生の時から髪が抜け始め、「抜け始めて分かる、髪は長ーーーいトモダチ」を実感中。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です