思い込みほど怖いものはないです

まいどです!
昨日は、年末のご挨拶でお客さまをお伺いしていたのですが、
エレベーターが故障していて6回まで階段で上がったり、
いつもいらっしゃるのに不在だったりと、何かと空回り。
「こんな日もあるさー」と帰宅してポケモンGoを見ていたら・・・
サンタピカチューをゲットしました!
ども、いまだにポケモンGoが止められない、伝票アドバイザーの福井です。

現物の伝票を見なくても見積をする方法

Webサイトから、お見積依頼を頂くことがあります。
遠方の方が多いので、お使いの伝票を見ることなくメールでお打合せ。
現物を見ることなく、お見積のための仕様を決めていくのは、ケッコウ難しい。
最初は失敗もありました。

お客さまに専門用語でお伺いするものの、伝わらなかったり、
確認不足で、何回もメールで仕様をお伺いしたり、
お見積が決まってから現物を見ると、マッタク想像外の仕様だったり・・・

まーイロイロ失敗しました(笑)
ただ、ある程度お見積をしていると、お伺いするポイントが分かってきます。
最初にお伺いすることは、『伝票の名前』と『使い方』

納品書とか領収証などの『伝票の名前』と、
手書き用なのか?レーザープリンタ用なのか?などの『使い方』が分かれば、
お伺いすべきポイントは、自然と決まってきます。

これをお伺いするようになってから、お見積で失敗することは無くなりました。
Webサイトをオープンしたのは2006年12月。
3年ほど前に引き継ぎましたが、それまでの7年間Webからの見積をしているので、それなりの経験を積んでます。

陽田さんからのご注文

福井が勉強している、エクペリエンスマーケティングと、
フロリダ族の先輩である陽田さんから見積のご依頼が!
嬉しい反面、先輩なので失敗は許されないっす。

陽田さんは東京の人なので、打合せはメッセンジャーで行います。
ご希望の伝票は『送付状』
これをお伺いしたときに「裏面はシールやな」と思って、
PDFでお見積書を送信。

価格にご納得いただき、原稿を作成し印刷、そして発送。
休日 家でゴロゴロしていると、陽田さんからメッセンジャーが。

img_4772

・・・・・
・・・・・
・・・・・
失敗しましたーーーーー!

陽田さん、本当に申し訳ございません。
急遽、作り直します!

今日も最後までお読みいただき、ありがとございました。


The following two tabs change content below.
福井務

福井務

大阪市内と兵庫県姫路市で、納品書や請求書など、お客様のご要望どおりに作成するオリジナル伝票印刷の会社を経営する2代目社長。「伝票印刷王」というWebサイトを運営してます。高校生の時から髪が抜け始め、「抜け始めて分かる、髪は長ーーーいトモダチ」を実感中。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です