コテンパンにやられる楽しみ

まいどです!
平昌オリンピックの熱戦が終わりました。
個人的に一番楽しみにしていたのはカーリング。
ドキドキしながら3位決定戦を見ていたのですが、勝ちましたねーーー!
個人的にはチームを立ち上げた本橋さんの涙にグッときました。

約2年前から始めたアメリカンフットボール。
40歳以上のシニアチームとは言え、福井の身長は165cm・体重53kgとアメフトするには物足りないどころか、やってはいけない身体(苦笑)
実際、練習中にブッ飛ばされました(笑)

ブッ飛ばされたのは体重が軽いためと考え、デブエットにハゲむことに。
体重を増やしたのは良かったものの、今度は動きがニブくなったので、アジリティークラスに通うことに。
体重を増やし、アジリティーもした結果、それなりにアメフトしてもイイ体になったなーと思ってます。
あくまで自己評価ですが(笑)

そんな自己評価は甘かったと気付いた、先日の練習でのこと。
相手は20代・30代が中心のWingsさん。
福井のマークは、身長175cmくらいで体重75~80kgくらいのガッシリ体型。
肌がピチピチしてる いかにも20台のイケメン君。
オッサンの意地を見せたかったのですが・・・
この子が速かったーーーーー!

単純に真っ直ぐ走るルートだけに、スピード差が如実にでます。
思いっきり抜かれました・・・

他にもこんなプレーでぶち抜かれることに

ボールを持って走るのは、またもやイケメン君。
このルートを走ると思って右側に詰めたら、逆をつかれて、そのままタッチダウン。
ランナーを自ら止めるのか、最低でも中にランナーを追い込んで見方のサポートを待つのが求められのですが、外を走られるサイテーの結果に・・・

痛感したのは、とにかく遅い。
若い人に走るスピードで勝てないのは仕方ないです。
48歳ですもん(笑)

ただ、リアクションスピードが遅いのは致命的。
相手がどんな動きをするか分からないので、相手の動きに合わせるのがディフェンス。
シニア相手なら少しくらい反応が遅れてから動いてもナンとかなるのですが、若い人相手に反応が遅れた瞬間に負けです。

まーコテンパンにやられたのですが、悲観してないです。
自分の弱点がメッチャ分かりやすい形で見えたので、改善すればイイ。
若い人についていける動きまで高められるかは別として、そこに近づく方法を教えてもらいました。

アジリティークラスの先生に言われたのが
『今以上に足を早く動かすには、お尻の筋肉が足りない』

今以上スクワットをしなければならないのか・・・
スクワットが一番キライなんやけど・・・
デブエット以上にキツイよな・・・
ドM道は続きます(苦笑)


The following two tabs change content below.
福井務

福井務

大阪市内と兵庫県姫路市で、納品書や請求書など、お客様のご要望どおりに作成するオリジナル伝票印刷の会社を経営する2代目社長。「伝票印刷王」というWebサイトを運営してます。高校生の時から髪が抜け始め、「抜け始めて分かる、髪は長ーーーいトモダチ」を実感中。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です